がん日記(1) がんの疑い!?

ちょっと重い話題だが,

父が最近咳き込んでいるので,市立病院で胸部X線とCTを受けた.

その結果,「右肺上部に肺がんの疑い」の診断が出た.

この先,気管支内視鏡で確定検査とPET-CTで病気の広がりを検査する予定だ.

その後,主治医との面談がある.

今は不安だけしかないが,検査結果が出れば希望も持てるかもしれない.

とにかく今は父の体が今どういう状態かを知るのが大切だと思う.

 

現在は,二人に一人ががんになる時代で,その中でも肺がんが一番多いらしい.

父は80歳を過ぎているので,がんになってもおかしくはない.

 

父一人で病気と闘うのではなく,家族全員で病気に向き合って行く決意だ.

有名人でがんを告白する人も多いことには勇気づけられるが,なんで父が…という気持ちも.

とにかく,これからの父の生き様をしっかりと記録しておきたいと思う.